むくみに効果的な飲み物5選

  1. むくみ効果のある飲み物5選!

1.とうもろこし茶
とうもろこしのひげの部分に、余分な水分の排出や体内の毒素を排出する効果が。また、ノンカフェインで胃腸の調子や便秘が解消される効果もあるためおすすめ!

2.ルイボスティー
ルイボスティーは血行を促す作用や抗酸化作用が有り、健康にも美容にも効果が高い飲み物。薬局やコンビニでも買いやすいのでおすすめ!
ノンカフェインなため、妊婦さんや子ども、就寝前などでも客心して飲むことができるハーブティー♪

3.黒豆茶
黒豆茶には、カリウムとアントシアニン、ビタミンEが含まれておりナトリウムを排出し血流改善効果UP✨
ビタミンB群も豊富で、エネルギー代謝のサポートから、むくみ解消とともにダイエット効果も期待◎

4.緑茶
体に溜まってしまった水分を排出する効果が期待できる緑茶には、カリウムやマグネシウムが含まれており、デトックスに効果抜群!
カテキンには、抗酸化作用や毒素を解毒する作用や警腸作用も!緑茶に含まれているカフェインは飲み過ぎると逆にむくむので、1日1リットルに抑えること!

5.豆乳
生理前のむくみに効果的な豆乳!
肥満予防や余分な塩分を排出してくれて、血流促進効果が✨
大豆イソフラボンという女性ホルモンと似た働きをする成分が含まれているので、ホルモンバランスの乱れによるむくみにも効果を発揮してくれます!

どれもスーパーで手に入るものばかり!
むくみが気になる方は是非試してください☕️

乾燥肌の方必見! 冬に肌が乾燥する理由とその対策💡

冬は1年のうちで最も湿度が低く、空気が乾燥する季節🍂
冬になると乾燥肌になった、と感じる方も多いのではないでしょうか?
実は、気温が低く空気が乾燥した冬は肌が乾燥しやすくなるのです‼️

空気が冷たく乾燥しているため、肌にとって過酷な季節です⚠️

室内でも暖房器具によって空気は乾燥しがち🌀

空気が乾燥していると、肌のから水分が失われやすく、乾燥状態となってしまいます。

また、気温が低いと血行が悪くなるとともに皮脂や汗の分泌が減少してしまい、肌のバリア機能の1つである皮脂膜が十分に形成されなくなってしまいます。。。

すると、バリア機能が低下した「弱バリア状態」となり、肌が突っ張る・カサカサして白い粉がふく・赤くなったりかゆくなったりする・・・というように肌トラブルが悪化していきやすくなります🥲

特に乾燥しやすいのは、目周りや頬、首などの皮脂分泌の少ない部位❗️

●冬の乾燥対策|スキンケア

□ 熱いお湯での洗顔は乾燥の原因に!
洗顔時は、「少し冷たいかな?」と思うくらいのぬるま湯で。

□ 水分だけでなく、油分もバランスよく補給を
お手入れの最後は、乳液やクリームなどの油分が多めに含まれたスキンケアアイテムで水分を肌の中に閉じ込めるのが重要です💡

□ 日中の乾燥対策も念入りに
メイク前のスキンケアは丁寧に行い
また、紫外線も乾燥の原因になるため、紫外線カット効果のあるものを選ぶのもポイントです❗️

その不調!冷えが原因かも!?

体の冷えは、さまざまな不調を引き起こします🥶
肌荒れ、便秘、むくみ、痩せにくい、生理痛・生理不順など、、、
冷えは女性の天敵なのす👿

自分で体を温めること、これ以上冷えた状態にしないことが大切です💡
少しずつでも体温を上げましょう🔥

〜効率的に温まる場所3つのポイント〜

◯ 首・手首・足首
→動脈が体表近くを通っている❗️
首、手首、足首など「首」の字がつく部分はいずれも体の表面の近くに血流の多い動脈が通っています。ここを温めると、温まった血液が全身に流れ指先やつま先などの末端も冷えにくくなります。

◯ 太ももやおしり、二の腕
→大きな筋肉がついている!
大きな筋肉がついている太もも、おしり、二の腕も温め効果が高い部位。筋肉には無数の血管が通っているので、これらを温めると全身が効率よく温まります。

◯ おなかや腰周り
→臓器が集中している!
おなかや腰周りには腸や子宮など大切な臓器や器官がつまっています。温めることで内臓の働きが活発になります。腰周りには副交感神経の中枢があるので温めるとリラックスします。

身体を温めて寒い季節を乗り越えましょう⭐️

猫背のデメリットって🤔

気が付くと前かがみの姿勢で立っていたり
パソコンやスマホを見る時に背中が丸まっていることはありませんか?
この背中が丸まったいわゆる「猫背」
見た目の悪さだけでなく身体にもデメリットが沢山あります。
猫背が引き起こす
デメリットについて紹介します🐱

①むくみ・コリ
背中が丸まった悪い姿勢が続くと
背中が固まり、こりや腰痛の原因につながるといわれています。血液の循環も悪くなるためむくみやすい身体に😣

②太りやすい
内臓を支えている骨盤が歪みやすくなります。
骨盤が歪むと内臓の位置もずれてしまい胃腸などに悪影響を及ぼすのです。
そのため、消化器官がうまく働かず代謝が悪くなることで太りやすくなります💦

③疲労感・集中力の低下
集中力の低下猫背になる事で
肺が圧迫され軽い酸欠状態となります。
酸欠状態は様々な悪影響を及ぼします。
疲労感や倦怠感を感じやすくなります。
それだけではなく集中力が続かなくなります🌀

女性は猫背になりやすい❓
女性は男性に比べてもともとの筋肉量が少なく
筋力低下が起こりやすいです。
そのため姿勢を保つのに必要な背中の筋肉が高齢になるほど徐々に弱くなったり
背中が丸まる姿なりやすいといわれています✨

秋は一年で一番肌が老ける季節!?

「なんだか私、急に老けた気がする!?」
そんなふうに思ったことはありませんか?
それは、気のせいではないかもしれません💦

秋になり、シミが目立つようになるのは夏の紫外線ダメージが表面化するため‼️
夏の強い紫外線によって肌内部に発生した過剰なメラニンは蓄積され肌のターンオーバーにより肌の表面におしあげられます😣

肌の生まれ変わりの周期は約28日であるため秋頃にダメージが見えるようになるのです❗️

肌老化を防ぐための押さえておきたい
秋のスキンケアポイント💡

1. ターンオーバーを整える
2. 保湿する

若々しい肌を保つためには秋も油断せずしっかりと肌のお手入れをしましょう✨
忙しい毎日の中、スキンケアをサボりたくなる気持ちもあるかもしれませんが美は1日にしてならず💖
たゆまぬ努力を続けることが大切です☺️
丁寧な毎日のホームケアと
定期的なサロンケアをうまく取り入れて貴方の美しさに磨きをかけていきましょう✨✨

冷えは健康と美容の大敵👿

「冷えは万病のもと」
冷えは健康の大敵であるばかりか
美容面でもさまざまなトラブルをもたらします😣
冷えによって全身の血流が悪くなると代謝も低下する為
肌のターンオーバーが乱れてくすみや乾燥
むくみやすくなり痩せにくい体を作る原因にもなります💦
そのまま放置するのはNG🙅‍♀️
冷え対策をする事が大事です‼️

〜冷えの原因〜

* 筋力の低下
* 基礎代謝の低下
* 食生活の乱れ
* 鉄不足
* ストレス
* 自律神経の乱れ

女性は特に冷えやすい‼️
簡単にできる対策としては

* 白湯をのむ
* 適度な運動
* 湯船に浸かる
* 首、手首、足首を冷やさない

これから寒くなってくる時期🍂
冷え対策をして元気な過ごしましょう✨

産後痩せにくいのはなぜ??

出産後早く妊娠前の体型に戻りたいのにダイエットを頑張っても痩せないという悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか🤔💭

産後痩せない4つの理由ご説明します!!

1.筋力低下
妊娠中は普段よりも運動する機会が減るため
筋肉量が低下してしまいます。
筋肉量が減ると基礎代謝が落ちてしまうため、痩せにくい身体に💦

2. 骨盤開き・歪み
骨盤は妊娠すると徐々に開き出産時に最大に開きます。
骨盤が開いたまま、ゆがんだままだと、体型を元に戻すのが難しくなってしまうのです😣

3.女性ホルモン

妊娠中は「プロゲステロン」という女性ホルモンが分泌され続けています。
「プロゲステロン」は、体内に脂肪や水分をため込む働きがあるため太りやすくなったりむくみの原因に😨

4.ストレス
ストレスを感じると食欲を盛んにするホルモンが多く分泌され、食欲を抑えるホルモンの分泌が低下してしまいます。これが暴食に繋がります👿

【産後なかなか痩せない💦】
などお悩みの方は是非当院にお任せ下さい❕

HaRicKダイエットは

➊無理な食事制限なし
❷運動一切なし
❸低いリバウンド率
❹DNA検査で詳しく分析
❺脂肪燃焼

HaRickでダイエット始めませんか?

腸内環境と肌は繋がっている!

腸内環境はお肌に大きな影響をあたえます。
腸内環境が乱れると腸のぜん動運動が鈍くなり、便が硬くなることで便が引き起こされます。
便秘で腸内に便が長時間滞留すると悪玉菌が増加し、アンモニアや硫化水素などの有物質を生成します😣

これらの有害物質は腸から吸収され、血液を通して体内を巡り、やがてお肌に到達するんです💦
お肌にたまった有害物質が肌荒れやニキビ、吹き出物といった肌トラブルを引き起こすとされています。
つまり、腸内環境の悪化は、美肌にとって大敵です👿

【自宅でできる美肌を目指す5つの方法】
① 質の良い睡眠
② 適度な運動
③ リラックス
④ 水分をとる
⑤ バランスの良い食生活

美肌を作るには内側からのケアも大切なんです💖

肌と睡眠の関係って?

肌の不調は身体のサイン❓
美容と睡眠の関係とは🤔

“寝ないと老ける”なんて聞いたことありませんか?
美容のために睡眠が大切だというのには、理由があります❗️

それは、睡眠中にアンチエイジングに欠かせない【成長ホルモン】【睡眠ホルモン】が分泌されるからです✨

【成長ホルモンの役割】
①抗利尿作用で体内の水分蒸散を防ぎ、肌ツヤを改善する。
②肌の水分保持量を増やす。
③皮膚のターンオーバーを促進する。

【睡眠ホルモン(メラトニン)の役割】
①質の良い睡眠をもたらし成長ホルモンの分泌を促す。
②活性酸素を除去する。
③肌の老化を遅らせる。

質の良い睡眠=深い睡眠は、肌荒れの改善、シワやシミの予防、肌のキメを整え美白へと導く効果が期待できます💖
美肌には睡眠の大切さを意識して習慣化することも大切なんです⭐️

シミの原因って?

シミは生活環境やホルモンの乱れ
過度なストレスなどでも起こりますが
最も大きな原因は紫外線によるものです☀️
メラニンは紫外線から身を守る重要なものですが
過剰に分泌されると上手く代謝されず
色素沈着という形でお肌に残ってしまいます😱

主な原因はこれ‼️
1) 過度な紫外線照射
2) ホルモンバランスの乱れ
3) 肌老化や疲労の蓄積(新陳代謝の低下)
4) 自律神経系の異常
5) 血行不良
6) 肌に合わない化粧品の継続使用

特にシミが表れやすい箇所は
頬や鼻の周囲、口の周囲など日常的に肌が露出されている部分です!
シミは日常生活の中で起こるので後天的なものですから
毎日のケアが大切になります💖

シミを予防するためには、UVカット機能を持った長袖や帽子の着用をするなどこうした紫外線対策は、日差しの強い夏場だけでなく一年中していただくと効果的です
また、ダメージを受けた肌の新陳代謝を活発にすることも大切です⭐️

美容鍼は、鍼を打つことによる血行促進効果が期待できるため、日常的に施術を受けていると自然とシミ対策に繋がるんです🥺💕
シミができてしまった場合、まずは肌のターンオーバーを活発にすることが大切です🌿